経営の失敗で借金まみれに

札束

私は、小さな飲食店を経営しています。

元々は会社員だったのですが、脱サラをして自分がかねてよりやってみたかった蕎麦屋を始めました。 約3ヶ月ほど、知人から紹介された蕎麦屋で修業をした後、自己資金と銀行から借金で200万円を借入して店舗を借りました。

自分的には、美味しいそばを出しているつもりなのですが、なかなかリピート客が増えなくて苦労をしました。 それでも最初は赤字でも徐々に黒字になるだろうと考えていました。

でもその見通しが甘かったことが借金をして店を出してから半年ほどで分かりました。 蕎麦屋を営業するには材料費や光熱費が掛かります。 本当なら銀行から借りている借金を返済していかなければならないのに、それもままならない状況となりました。

親からもお金を借りている状況となり、自分的には借金まみれの状況になってしまったのだと感じました。 このまま、営業を続けても借金返済の目途は立ちません。

そのため、結局店じまいをして、今はバイトで生計を立てています。 銀行への借金返済もそのバイトで得たお金から毎月少額ですが支払っている状況です。

親の借金は、まだまったく返済できていません。 とりあえず、借金まみれとならずに済んだのがせめてもの救いです。

自己破産をしたわけではないので、とりあえず社会に迷惑を掛けなくて済んでいます。

備えあれば患いなし

私の友人の話ですが、家の屋根が傷んだことにより雨漏りがしたため屋根の修理を依頼することになりました。

友人は貯金をあまりしないタイプでしたが、ちょうどその頃、度重なるイベントがあり、急な出費が重なっていたらしく、屋根を修理するのに回すお金がなかったそうです。 そこで屋根の修理費用として30万円ほど借金をローンで組むことになりました。

屋根自体の月々の借り入れの返済額自体はたいしたことはなかったそうですが、家のローンなど屋根以外の借金返済もあったため、借金まみれに近い状況となり返済にはかなり苦労したそうです。 基本的に遊行費など趣味に費やすお金を切り詰め、あるいは食費などにも気を遣い、節約料理を作ったりしてなんとか毎月の借金返済に充てていました。

結果として屋根のローンについては無事に完済することが出来、屋根の雨漏りがおこる前の生活水準に戻ることが出来ました。 この件が起きた後、その友人と話す機会があり、このことについて話しましたが、友人曰く「いつどんなことが起こるかもわからないから、借金まみれとならない様に今度からは貯金をする」とのことでした。

私自身は持ち家ではありませんが、友人が言った言葉には同感で、将来どんな時にお金が必要となるかもわからないので、借り入れによる借金に頼ることがないよう貯金を心がけていきたいと思いました。